飛行機やヘリの現在地をリアルタイムで表示するサイト、アプリは!

生活

飛行機、ヘリコプターの現在地がわかればいいなと思ったことはありませんか?

例えば……。

■今、上空を通過した飛行機はどこの会社の飛行機でどこへ行くんだろう?

■ヘリコプターの音がするんだけどどこから来たの?

■知り合いが〇〇空港から〇時出発の飛行機に乗ったけど、今どのあたりだろう?

■今上空を軍用機が飛んで行ったけどどこへ行くんだろう?

なんていう飛行機だろう?

様々な疑問がありますね。

そんなあなたの疑問に答えるサイト、アプリがあります。

「フライトレーダー24」です。

このサイトではフライトレーダーのご紹介をいたします。

Sponsored Link

飛行機やヘリの現在地をリアルタイムで表示するサイト、アプリは!

飛行機やヘリコプターの現在地をリアルタイムで表示するサイト、アプリは複数ありますが、多くの人が使っているのは【Flightradar24】フライトレーダー24です。

検索すると使い方などもアップしているサイトもありますので、わからないことがあっても情報が収集しやすいと思います。

直感的に操作方法はわかりやすいと思います。気を付けなければならないのは機能をアップグレードすると有料版になってしまいます。

使っていくうちに物足りなくなったら有料版に切り替えてもいいと思います。

目的の飛行機、ヘリコプターのマークをクリックするとその飛行機やヘリコプターの情報が表示されます。

【Flightradar24】フライトレーダー24の航空機データ

■航空会社、航空機の機種、便名。空港名:出発、到着時間、高度、スピード、航空機の写真など

【例:飛行機】

【例:ヘリコプター】

 

【Flightradar24】フライトレーダー24 PC用サイト

こちらがPCサイト用の【Flightradar24】フライトレーダー24です。

⇒ Flightradar24

起動時に世界地図が表示された場合、スクロールやズーム、移動して日本地図を表示させると日本国内で現在飛んでいる飛行機が表示されます。

リアルタイムで世界中の飛行機の位置がわかります。

たまに米軍機などの軍用機も表示されます。主に輸送機や基地間の定期便などですが、機種やコールサインでわかるようになってきます。

これが無料で提供していただけるのは非常にありがたいですね。

無料版ではいろいろ制限がありますが、飛んでいる飛行機の情報を見るには十分だと思います。

その代わり強制的に広告が入ります。

【Flightradar24】フライトレーダー24 スマホアプリ

こちらがスマホ用の【Flightradar24】フライトレーダー24です。

サイト内、説明をご覧になり有料版にご注意ください。

■ iPhone   ⇒ 【フライトレーダー24】で検索

 Google Play ⇒ 【フライトレーダー24】で検索

App内課金有り(有料版の場合)

  • Silver Plan -1か月¥180
  • Gold Plan – 1か月¥450
  • Silver Plan -年間¥1,150
  • Gold Plan – 年間¥3,900
Sponsored Link

【Flightradar24】フライトレーダー24の動作原理

【Flightradar24】フライトレーダー24はどうやって航空機の位置を表示させることができるのでしょう?

以下は、「フライトレーダー24」のサイトで動作原理を紹介した文章です。

フライトレーダー 24が飛行情報を受信するために使用する主な技術は、自動依存型サーベイランス放送(ADS-B)と呼ばれるものです。

ADS-Bは開発中の比較的新しい技術であり、今日では航空交通管制 で使用されることはほとんどありません。

当社の推定では、全民間旅客機の約70%(欧州では80%、米国では60%)にADS-Bトランスポンダが搭載されている。

一般航空では、この数はおそらく 20%以下であろう。しかし、2020年までには世界中のほとんどの航空機にADS-Bが義務化されるため、ADS-B受信機を搭載している航空機の割合は着実に増加しています。

義務化された場合、ADS-Bは、ATCが使用する主要な監視方法としてプライマリーレーダーに取って代わることになる。

引用:フライトレーダー24HPより

フライトレコーダー24は、世界中に2万台以上のADS-B受信機のネットワークを持ち、ADS-Bトランスポンダを搭載した航空機からの飛行情報を受信し、その情報を当社のサーバーに送信しています。

使用されている周波数が高い(1090MHz)ため、各受信機からのカバー範囲は、場所に応じて全方向で約250~450キロ(150~250マイル)に制限されています。

航空機が受信機から遠くに飛べば飛ぶほど、受信機でカバーされるためには高く飛ばなければなりません。

この距離制限により、海上でのADS-Bのカバレッジを得ることは非常に困難である。

また、ADS-B受信機を搭載した衛星が、地上のADS-Bネットワークのカバレッジエリア外の航空機からデータを収集し、そのデータをフライトレーダーネットワークに送信します。

引用:フライトレーダー24HPより

【Flightradar24】フライトレーダー24 様々な使い方

 

フライトレーダー24をインストールするとこんなこともできるんですね。

あなたも【Flightradar24】フライトレーダー24を使ってリアルタイムに飛行機の情報を見てみませんか?

飛行機やヘリコプターの情報を見るサイト、アプリは複数ありますので、いろいろ試してみてくださいね。


Sponsored Link

この記事も読まれています
⇓   ⇓
横浜で原因不明の異臭騒ぎ!空気中から検出された成分は?

タイトルとURLをコピーしました